看護学生に戻りたいと思う?

私は、新人の頃であれば学生時代に何度も戻りたいと思っていました。現在は年数的に10年程度が経過し、時間の経過とともにそうのような気持ちは薄れ、戻りたいと思うよりは学生の頃にやっておけば苦労しなかったことを学生に教えるようにしています。大変さは現在のほうが大変ですね。学生のころは一定の期間だけ実習があって、次の実習とかになりますけど、臨床で働いてたら終わりはないですから。時間も学生の頃は朝8時から夕方5時まででしたけど、働きだしてからは定時はあっても業務が終わらなければ帰れませんからね。大変は大変ですけど、学生の頃に比べたら学生時代いかに自分が勉強不足だったかを痛感して学生時代以上に勉強してます。学生時代に苦手レニンアンギオテンシンアルドステロン系についてや心電図、化学療法についてなどは分かるようになりましたから。それに、幅広く色々な分野を浅く勉強していた頃と違い、いまは専門分野を深く、深く追求していくように学ばなければいけないのは自分にはあっているようです。国家試験をクリアするだけが勉強ではなく、国家試験を合格することが看護師として最低限の知識で、卒後はその基礎となる土台にどんどん積み上げていかなければならない大変さもありますが、学生時代には戻りたくはありません。しかし、先日同期の結婚式で約10年ぶりに同期に会った際に、自分だけが抱えていた悩みを同じように同期も抱えていることが分かりました。その悩みは所属部署で知識を深めていくか、新しい環境で違う分野の知識を深めていくかというものなんですが。卒業して約10年経過したメンバーで実習の頃のように少しの期間でも働いたら面白そうだなとは思いましたけど。